読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充爆発日記

You don't even know what ria-ju really is.

TitaniumのAlloyについて調べたメモ

現状はTitanium StudioをインストールしてKitchenSinkをシミュレータで動かしたところ。
http://d.hatena.ne.jp/ria10/20130823/1377248810

次にAlloyの構成を実際に確認してみる。

参考サイト

http://docs.appcelerator.com/titanium/3.0/#!/guide/Alloy_Quick_Start

ググると日本語の情報含めいろいろでてくるけど、鮮度がよくわからないので、公式に沿ってやる。

何はともあれHello World

といっても、

  • Titanium Studioで新しいプロジェクトを作る> Mobile Project > Default Alloy Projectを選択
  • iOSシミュレータで起動

という手順だけ。

少し改変する

公式ガイドに沿って行くと、これをいじってKitchenSinkの画面の1つに改変してみるらしい。

Viewの修正

app/views/index.xml

<Alloy>
	<Window>
		<ImageView id="imageView" onClick="clickImage"/>
		<Label id="l">Click Image of Apple Logo</Label>
	</Window>
</Alloy>
スタイルの修正

app/styles/index.tss

"Window": {
	backgroundColor:"white"
},
"#l":{
	bottom:20,
	width: Ti.UI.SIZE,
	height: Ti.UI.SIZE,
	color:'#999'
},
"#imageView":{
	image:"/images/apple_logo.jpg",
	width:24,
	height:24,
	top:100
}
Controllerの修正

app/controllers/index.js

function clickImage(e) {
	Titanium.UI.createAlertDialog({title:'Image View', message:'You clicked me!'}).show();
}

$.index.open();

app/assets/の下にimagesというディレクトリを掘って、KitchenSinkからapple_logo.jpgをコピーする。プラットフォーム共通的に使える画像はこれでいいのね。

で再実行すると、

という感じ。

ここまでで疑問に思ったことは

  • 最初にindex.jsが呼ばれるっぽいが、そこの変更はできないのか?
  • スプラッシュにappceleratorの画像が設定されているが、そのあたりはどこで定義されているのか?

だったけど、たぶん、convention over configuration なんだろうね。

ちょっとおもしろくなってきたところで、次回に続く。続き→ TitaniumのAlloyについて調べたメモ2

Appcelerator Titanium Application Development by Example Beginner's Guide

Appcelerator Titanium Application Development by Example Beginner's Guide