読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充爆発日記

You don't even know what ria-ju really is.

POSTの結果にiframeを含むと画面が真っ白になる件につきまして

未来のぼくへ。

今度はきっとこのページが見つかると思います。

response.headers['X-XSS-Protection'] = '0'

でOK。

stackoverflow.com

Railsのroutingで.(ドット)があるとエラーになってしまう場合の回避法

こんなルーティングを定義したとき、

get 'tags/:name', to: 'tags#show', as: :tag

/tags/foo. とかでアクセスすると、RoutingErrorになる。

回避するには以下のようにconstraintsでスラッシュ以外を許可するとよい。

get 'tags/:name', to: 'tags#show', as: :tag, constraints: { name: /[^\/]*/ }

dockerなcentos7でhttpdをyumでエラー

dockerでCentOS7ベースのコンテナでhttpdyumインストールしようとしたら、エラーが出た。

Error unpacking rpm package httpd-2.4.6-31.el7.centos.x86_64 error: unpacking of archive failed on file /usr/sbin/suexec: cpio: cap_set_file Verifying : httpd-2.4.6-31.el7.centos.x86_64

なにこれ意味分かんない。

で、調べると延々と議論されてた。 github.com

採用されているファイルシステムの問題らしい。よくわからん。

結論からいうと、まだ完璧な解法は見つかっていないらしく、間に合わせの方法でよければ以下で解決する。

http://pkgfarm.tumblr.com/post/114104687791/fixing-yum-install-on-boot2docker
pkgfarm.tumblr.com

で、どこが「間に合わせ」かというと、よくわかんないんだけど、このdevicemapperというstorage-driverは遅いらしくって、どれくらい遅いのかわかんないけど、そういう意見があるってことだけ伝えて以上としたいと思います。

Ansibleでrbenvのplaybookを書いてハマったことなど

あらすじ

新規にAWSRailsアプリをホストするぞ、となったリア充は、dockerでプロビジョニングのデバッグ環境を作ったものの「プロビジョニングツールはChefでいいのか?」という迷いが常にあった。このタイミングでかねてから耳にしていたfabricとAnsibleを試してみた結果、Ansibleがたいそう気に入ったのでChefでいうCookBook的な位置づけであるPlaybookを書く運びとなったのであった。

続きを読む

fabricとAnsibleを試してみる

背景

  • AWS上のCentOS7でRailsが動く環境をCMツールで作りたい
  • 仮想的なAWSのCentOS7はdockerのimageで用意した

    • ria10.hatenablog.com
  • Chefはそれなりに使ったことがある。

    • が、0.9くらいのときからしばらく使ってない
    • 自分はそんなに感じなかったがChefは学習コストが高いとよく聞くので、他のfabricやansibleはどうなのか気になっている
  • この機会にかるくfabricとAnsibleを触ってみようということに
    • ちなみに両方共python
  • 想定クライアントはOSX(yosemite)で想定リモートホストはCentOS7
続きを読む

dockerでAWSマーケットプレイスのCentOS7のイメージっぽいのを作る

背景

  • AWSを使うぞ!
  • AMIはCentOS7にするぞ!
  • 素のCentOS7のイメージからプロビジョニングができる程度のセットアップを行ったイメージを作るぞ!
続きを読む

YosemiteでWifiの様子がおかしいとき

マジでいらついた。時間とられた。ジョブズが生き(ry

ググればいろんな解決方法がでてくるけど、どれも機能しなかったが、以下の1をやったら治った。
http://www.reddit.com/r/apple/comments/2jwah7/psa_yosemite_wifi_issues_list_of_possible_fixes/

続きを読む