読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充爆発日記

You don't even know what ria-ju really is.

git-completionでブランチの補完がtoo muchなときの対処法

git-completion便利ですよね。

でも、それなりに歴史のあるリポジトリ

git co [TAB]
※co = checkout

ってやると、リモートリポジトリとかタグとか全部出てきてウザい。基本、ローカルのが出てきてくれれば充分なのに。

そんなときは__git_refsをいじってやるとよい

続きを読む

RailsでネストされたリレーションのN+1の解決方法

ranking.article.authorみたいなときの話。

N+1はincludesつけて回避するのがふつう。
http://guides.rubyonrails.org/active_record_querying.html#eager-loading-associations

で、タイトルのケースも↑のリンクに書いてあるんだけど、こんな感じに書く。

続きを読む

CircleCIでMySQL5.6を使う方法

追記)コメントで教えてもらったけど、今は設定でubuntuのバージョンが変更でき、そこではMySQL5.6などがプリインストールされるので、もうこの記事読まなくていいです。
Ubuntu 14.04 (Trusty) - CircleCI

ただ、1つ言いたいのは、「使えるようになったら連絡するよ!」ってサポートは言ってたけど、それはウソだったということである。CircleCIまだ安いとは思えないし、もっと競合にはがんばってもらいたい。追記終わり



前回、CircleCIでMySQL5.6が使えなくて困った、というエントリを書いた。
http://d.hatena.ne.jp/ria10/20150215/1424006550

で、CircleCIに問い合わせてたんだけど、返事がきて一応は解決したのでその内容のメモ。

続きを読む

RailsでCircleCIがMySQL5.6をサポートしていないので苦労した話

かつて日記に書いたんだけど、MySQL5.6から導入されたinnodbのfull text indexは割と便利。
http://d.hatena.ne.jp/ria10/20140107/1389071672

が、innodbのfull-text indexを利用した機能があるRailsアプリをCircleCIでテストしようとすると絶対にコケる。
なぜなら、CircleCIでサポートされているMySQLは5.5だから。
https://circleci.com/docs/environment#databases

こんなときにどうしたか、という話。

続きを読む

rubyでループを1から始める

  10.times do |i|
    p i + 1 
  end

のi + 1が可読性悪いというときの話。


で、

  (1..10).each do |i|
    p i 
  end

こんな感じで書ける。


さらに・・・

  1.upto 10 do |i|
    p i
  end

こっちはrubyっぽいけど、実際コードの中にふっとでてくると、以外に頭に入ってこない(個人差かも)。

ちなみにuptoがあるんだから、downtoもあるでよ。
※(10..1).each はできない。

追記)
each_with_indexはどうするか。
each_with_indexはoffsetを取れる。
each_with_index(1)とすれば、i + 1を撲滅できる。

each.with_indexとすればoffsetが取れる。
each.with_index(1)で、i+1を撲滅できる。

RailsのValidationで必要なエラーがだけを出すチョイワザ

こんなバリデーションを入れているとする。

  validates :login_id, presence: true, uniqueness: { case_sensitive: false }, length: { in: MIN_LENGTH_LOGIN_ID..MAX_LENGTH_LOGIN_ID }, format: { with: /\A\w+\z/i }

これだと、未入力でバリデーションにかかると、

  • ログインIDを入力してください!
  • ログインIDは4文字以上です!
  • ログインIDは不正な値です!

とか畳み込まれる。

せめて、入力してから出そうと思ったものは2行に分けて、入力があったときだけバリデーションするとよい。

  validates :login_id, presence: true, uniqueness: { case_sensitive: false }, length: { in: MIN_LENGTH_LOGIN_ID..MAX_LENGTH_LOGIN_ID }
  validates :login_id, format: { with: /\A\w+\z/i }, if: ->(u) { u.login_id.present? }

が、あまりこの書き方は好きではない。

どうしたらいいのや。

Railsでstructure.sqlがやたらコンフリクトするとき

config.active_record.schema_format = :sqlにしたとき、DBがMySQLだと(そうでない場合もなるかもだけど)db:migrate:resetしたりすると、dumpのタイミングでタイムスタンプがずれるのでこんな感じの残念な差分が生まれる。

/*!40101 SET COLLATION_CONNECTION=@OLD_COLLATION_CONNECTION */;
/*!40111 SET SQL_NOTES=@OLD_SQL_NOTES */;

--- Dump completed on 2015-01-05 12:17:15
+-- Dump completed on 2015-01-06 10:47:36
INSERT INTO schema_migrations (version) VALUES ('20140902084054');

INSERT INTO schema_migrations (version) VALUES ('20140903074012');

これをイチイチ手作業で対応するのはやってらんないし、この情報が重要だともあまり思えなかった(gitの履歴を追えばだいたいわかるし)ので、dumpのタイミングで消してしまうことにした。

具体的には以下の処理を書いた。
lib/tasks/dump.rake

namespace :db do
  namespace :structure do
    task :dump do
      path = Rails.root.join('db', 'structure.sql')
      sql = File.open(path).read.gsub(/^-- Dump completed on.*\n/, '').gsub(/-- Server version.*\n/, '')
      File.open(path, 'wb') {|f| f.puts sql }
    end
  end
end

この例ではServer versionも消している。マイナーバージョンとか開発者によって微妙に違ったりするのでこれも消した(バージョンを合わせたほうがいいとは思うけど)